筋トレ初心者の方、可変式ダンベルに迷ったらこれが、おすすめです。!

初めにどのダンベルを選べばいいか分かりません。

すごく悩んでいます。

どうしたらいいですか?

確かにいろんな種類があってどれを基準に選べばいいか分からないよね。

初めにどれを選べばいいか話すので参考にして見てね。

ダンベルの種類

・鉄アレー
・ノーマルバーのダンベル
・スクリュー式ダンベル
・可変式ダンベル(パワーブロック、ダイヤル可変式)
以上のことを説明したいと思います。

鉄アレー

字のごとく鉄の塊の為分かりやすくダンベルバーにプレートを付けてカラーで止める事がないので、とても安心に筋トレに集中出来るのがメリットです。
重量を変えるには、5kg用2ケ、10kg用2ケ等の重量ごとに数を購入しなければならないので、場所も狭くなりますし予算が掛かってしまう事が、デメリットです。

ノーマルバーにカラー(ラバープレート)

カラーのピンを緩めれば外れるので、プレートの交換はしやすいのがメリットです。
しかし、カラーを外しやすい分外れやす事が、デメリットです。

スクリュー式

こちらは、ノーマルバーと違ってバーにネジ山が有りカラーでしっかり閉められるので、安心してトレーニング出来る事がメリットです。
ただ外れにくい分プレートを交換がやや大変でインターバルに時間がかかるのが、デメリットです。
このインターバルに時間がかかる為意外と筋トレしているとストレスになりますし、この時間が、強度を下げるので、モチベーションも下がってしまします。
だけど筋トレしてるとしっかりカラーがネジ式でちゃんと締まってる安心感はあるので、鍛えてる筋肉に集中できるメリットがあります。
それとインターバルで時間が取られますが、このデメリットを考えてもメリットの方が多いので、見た目とプレートを使ってる感じを求める方は、スクリュー式のダンベルが、おすすめです。
※ インターバルとは、トレーニングとトレーニングの間隔の事です。

可変式ダンベル(パワーブロック、ダイヤル可変式)

プレートだと重量を足したり減らしたりが、大変である。
重量増減が楽な為インターバルが少なく済むので、トレーニング効果が期待できます。
※ インターバルとは、トレーニングとトレーニングの間隔の事です。

おすすめの商品

IVANKO(イヴァンコ)ラバープレートダンベルセット 60kgセット SDRUB-60
POWER BLOCK パワーブロック プロタイプSP EXP 90LB
重量(片方) 2.27kg(5ポンド)から40.5kg(90ポンド)
※1ポンド約0.45kg
パワーブロックとダイヤル可変式がありますが、パワーブロックがオススメです。
ダイヤル式だと壊れやすい可能性と重量設定が24kg対応までな為と見た目のデザインは、ダイヤル可変式の方が、プレートダンベルに近いです。
パワーブロックはマグネットタイプのピンを抜いて挿すだけで重量を変えられるので、便利です。
パワーブロック類似品が出回り、値段は安いのが特徴です。
正規品の方を選んだ方が安心感と壊れにくく長く筋トレで使い続けられると思います。
(正規品は、高いですが長く筋トレで使い続けるのであれば選んで購入をオススメします。)
パワーブロックの重量は、2.27kg(5ポンド)40.5kg(90ポンド)まで対応の商品(EXP 90LB)はよりハードに鍛えられので長く筋肉を鍛えるならば、このタイプの重量を扱えるのを選んだ方がおすすめです。
※その他にSP50という4.5kg(10ポンド)から22.5kg(50ポンド)対応もあります。
※1ポンド約0.45kg
スクリュー式のダンベルは見た目も良いので、筋トレのモチベーションが上がります。
スクリュー式のバーの長さが限られるので、プレートを付けられる枚数が限られます。
なので60kgスクリュー式のダンベルセットは片手30kgになるので長く使うとどうしても重量的に物足りなくなります。
片手63kgの製品が有りますがセットではない為両手でやる場合もう一つ購入しなければなりません。
金額的にはかかりますが、長く筋トレで使うならセットよりこちらを選んだ方が、お得だと思います。

まとめ

可変式ダンベルのパワーブロックは高価ですが、ホームジムで長く筋トレする事を考えれば元は十分取れます。
パワーブロックの中でも正規品パワーブロックで40.5kgまで対応が出来る商品を選んだ方がいいです。
(正規品だと高いですがちゃんと正規品を選んだ方がのちのち後悔がないです。)
それと安全と重量交換が楽な為一押しです。
プレートの交換は少しめんどうですが、安心と見た目を考えるとスクリュー式のダンベルを選ぶ方が良いので、おすすめです。
※ パワーブロック40.5kg対応タイプかスクリュー式のダンベルを選んだ方が、今後長く筋トレを続けると思いますので、迷ったらベストな選択だと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村